急な故障の心配無用!給湯器を買い替える際の5つの注意点

給湯器は故障してしまうと慌ててしまうことになります。お湯が使えない生活はわずか1日であっても、大変になってしまうので買い替える必要が生じることは念頭に置いておきましょう。そのときの5つの注意点を押さえておけば安心です!

旧型の給湯器は十分に注意すべき

給湯器の買い替えが必要になる時期がいつなのかは、ある程度は認識しておくことが大切です。ある日突然お湯が出なくなってしまうということが多いのが給湯器の故障であり、いざというときに速やかに対応できるように覚悟しておく必要があります。

また、給湯器は目につかず日常的に使用するため、劣化や破損に気づきにくい製品です。一般的に給湯器の寿命は10年程度とされているため、10年の間に何らかのメンテナンスをしていない場合は、十分に注意したほうがよさそうです。中でも、「旧型」と呼ばれる大型の給湯器は、すでに使い始めから10年以上が経ってしまっていることもあります。今一度、ご家庭の給湯器の製造年を確認し、10年を目途に買い替えを考えてみて下さい。

 

給湯器の寿命は10~15年程度

旧型の給湯器の場合には明日にも壊れてしまう可能性もあるので、十分に気を付けなければなりません。およそ10年から15年が給湯器の寿命なので、10年以上使用している給湯器の場合には買い替えの可能性を検討しておきましょう。長い間部品などの交換も行っていないというときには、特に故障してしまうリスクが高いと考えて、そろそろ新商品のラインナップに目を向けるようにした方が良いと言えます。

 

給湯器の「号数」を確認し、必要があれば買い替える

買い替えの時期は必ずしも給湯器が故障した時とは限りません。もう劣化が進んできた頃だと考えて、早めに買い替えをしてしまった方が、お湯が使えない数日に悩まされずに済むようになります。その基準として考えてみると良いのが家族構成の変化であり、お湯を使用する量が増えたときには、より機能の高い給湯器に切り替えた方が快適に生活ができるようになるでしょう。

「号数」は給湯をする能力の高さを示すものであり、水温が25度のお湯を1分間に20リットル供給できると20号と表示されます。数字が大きいほど能力が高いので、家族が増えてお湯の使用量が増えるときを見計らって大きな号数のものに買い替えると良いでしょう。

家庭用には、10~24号までの給湯器があり、数値が大きくなればそれだけ性能もよくなります。

「家族の人数が増えて、急速にお湯を沸かさなければいけなくなった」「お風呂の数を増やした」などと、お湯を沸かす量や時間に不便を感じた場合も、買い替えのタイミングです。頻繁に買い替えにくい製品だからこそ、必要になったタイミングで変えることをオススメします。

出典/http://kawasaki910.com/select.html

給湯器を選ぶ際は、プロに相談する

給湯器の買い替えを検討するときにはカタログなどを取り寄せて、自分で決めてしまおうと考えるかもしれません。しかし、給湯器を選ぶときには号数を適切に選ぶ必要があるだけでなく、他の機能についても考慮することが必要になります。ガスか電気か、暖房機能の有無をどうするのか、オートかフルオートかといった様々な機能面を熟慮しなければならない部分もあります。それに加えて、設置場所との兼ね合いもあり、故障で買い替えをするときにはメーカー在庫があるかどうかも、考える必要が生じます。プロに相談しておけば、必要な機能が揃っていて、すぐに取り付けられるものを選んでもらう方が安心でしょう。

「安いから」「多機能だから」と言った軽い気持ちで購入してしまうと、後で必要な機能が付いていなかったり、使わない機能がついてきてしまったりと、トラブルの原因にもなります。毎日のように使い、長年付き合っていく製品だからこそ、プロとの相談のもと慎重に検討する必要があるのです。

業者選びは、サポート体制がポイント

プロの業者に相談する時には、工事費用が安いことを重視してしまうことがよくあります。しかし、長年使用していくことになるのが給湯器の特徴であり、水周りのトラブルが生じた時にすぐに適切な対応を取ってもらえることも重視しなければならないでしょう。

業者選びのポイントは、サポート体制の充実であり故障した時にどのような対応をしてもらえるのかを、よく調べてから決めると安心です。24時間体制でいつでも連絡すれば修理に来てくれることや、無料での修理期間が十分に長く確保されていることを重視するのが賢いと言えます。

いつトラブルが発生するかはわからないのでサポート体制が整っていることをよく確認して、困ったときにも信頼できる業者に工事を依頼しましょう。

 

給湯器の買い替えは、困ったりわからない事が数多くあると思います。いざ買い替えを決めても、どこの業者がいいか、どの製品がいいかなど、不安な気持ちになってしまうのではないでしょうか。

そんなときに信頼できる業者と一緒に進められれば、不安なくすばらしい買い物ができるのではないでしょうか。まずは実績豊富な業者に家族構成から、今の給湯器の不満な点や、どんな生活をしたいかなど、包み隠さずぶつけてみましょう。信頼できる業者なら、きっとお客様の要望に合わせたプランニングをしてくれます。一緒に考えて、何でも相談できる業者とともに、給湯器の買い替えを実現させて下さい。

以上が給湯器の買い替えの際のポイントになります。まずは今お使いの給湯器の状況を把握し、信頼できる業者とともに満足いく買い替え作業を行いましょう。

 

まとめ

給湯器はいつかは買い替えが必要になることを念頭に置いておくのが大切です。10年以上使用したら、そろそろ故障するかもしれないと考えてプロに相談を始めておくと万全の体制が整えられるでしょう。不自由な生活を送らなくて済むようにするためには、故障を待たずに新しいものに交換するのがベストであり、家族構成の変化などを機会に、買い替えるようにするのが賢明です。そのときに合った機能と能力が整っている給湯器を使用するようにすると、毎日の生活が快適になります。

 

 

給湯ブログ一覧

静岡県内の給湯器交換修理対応

給湯器の修理、設置対応エリア

静岡県で起きたガス給湯器の交換、取替、設置・取付工事や故障修理、ハロー給湯なら年中無休で対応いたします!ガス給湯器のトラブルは0120-86-1152(ハローいい工事)までお電話下さい

湖西の給湯器交換 浜松の給湯器修理 磐田の給湯器トラブル 袋井の給湯器交換 森町の給湯器修理
掛川の給湯器トラブル 川根本町の給湯器交換 島田の給湯器修理 菊川の給湯器トラブル 御前崎の給湯器交換
牧之原の給湯器修理 静岡の給湯器トラブル 藤枝の給湯器交換 焼津の給湯器修理 吉田町の給湯器トラブル
富士宮の給湯器交換 富士の給湯器修理 沼津の給湯器トラブル 長泉の給湯器交換 清水の給湯器修理
三島の給湯器トラブル
湖西の給湯施工事例 浜松の給湯器施工事例 磐田の給湯器施工事例 袋井の給湯器施工事例 森町の給湯器施工事例
掛川の給湯器施工事例 川根本町の給湯器施工事例 島田の給湯器施工事例 菊川の給湯器施工事例 御前崎の給湯器施工事例
牧之原の給湯器施工事例 静岡の給湯器施工事例 藤枝の給湯器施工事例 焼津の給湯器施工事例 吉田町の給湯器施工事例
富士宮の給湯器施工事例 富士の給湯器施工事例 沼津の給湯器施工事例 長泉の給湯器施工事例 清水の給湯器施工事例
三島の給湯器施工事例
浜松・掛川・焼津の激安給湯器の修理・設置・トラブルのハロー給湯

〒422-8034 静岡県静岡市駿河区高松2-1-1

Copyright © ハロー給湯.All Rights Reserved.