給湯器のリモコンが壊れて困っちゃった。。。

お湯が出ない、リモコンのスイッチが入らない・・・という給湯器の故障は、急にやってきます。

冷蔵庫やエアコンと一緒で、給湯器も使い始めて10年も経過すると、取替の時期になってきます。

特に寒い時期には、給湯器の使用頻度が高くなるので故障する事が多くなります。寒い冬にお湯が使えないのはとても不便ですよね?

「お湯が出ない!」となってしまったときには、まずリモコンを確認しましょう。

お風呂や、キッチンの壁にあるリモコンのお湯の設定温度や時刻表示の部分に、見慣れない数字やアルファベットが表示されている場合があります。

この表示は、給湯器からのエラーメッセージです。エラーメッセージが何を意味しているのか確認する方法としては、ガス給湯器の取り扱い説明書に記載されている、エラーメッセージ表を確認してみましょう。

取り扱い説明書がない場合は、インターネットで検索する方法もあります。

給湯器のメーカーがわかれば、メーカーのメンテナンス窓口に確認する方法もあります。

給湯器のリモコンの交換はどうしたらいい?

給湯器のリモコンが全く応答しないような状況では修理か交換をしなければ使用する事ができないでしょう。メーカーに問い合わせてみると、大抵の場合には給湯器本体とリモコンをまとめて交換するように勧められます。基本的にはセットで販売されているものだからであり、リモコンだけの交換で対応してくれるかどうかは、メーカー次第です。

 

リモコンだけ交換してくれる事も

給湯器の修理や交換を行っている業者に連絡してリモコンの故障に悩まされているという話をすれば交換に対応してくれるでしょう。よく使用されている給湯器については、リモコンの在庫を持っていることもあり、業者に連絡すれば修理工事を行ってくれてまた使用できるようになります。

 

給湯器メーカーの在庫は?

修理業者に連絡すると、給湯器のリモコンの在庫を探して交換工事に来てくれるという流れになるのが通常です。よく使用されている給湯器でない場合や、あまりリモコンの交換を中心的な修理内容として行っていない場合には、業者側からメーカーに問い合わせて在庫を確認するという流れになります。給湯器メーカーが在庫を持っているかどうかが勝負どころですが、およそ10年ほどで在庫がなくなってしまうことがほとんどです。

基本的には本体とセットで販売するものなので、後継の機種を流通させると共に開発は停止してしまうことになります。

古すぎてリモコンの在庫がないことも

給湯器を使用していてリモコンが壊れたというような時期になると、もう既に在庫がないということも珍しくありません。

ただ、同じような仕様で、新しい機種が開発されていることも多く、新しい機種のリモコンを転用できる場合もあります。転用できる仕様になっているかどうかを念のため問い合わせてみると、メーカーから取り寄せができる可能性が高くなるでしょう。

 

給湯器のリモコンの交換は自分でできる?

給湯器のリモコンを交換する時には、修理や交換を行う業者に連絡するのが基本ですが、もし自分で交換したいと考えたらDIYでもできないわけではありません。

業者によっては、リモコンを販売していることもありオークションなどに出品されていることも稀にあります。

電気回路を扱う工事になりますが、給湯器本体とリモコンの間の交換作業については、電気工事士である必要がない範囲にとどまっているので問題ありません。

カッターやドライバー、ペンチなどの工具と配線を固定するための圧着用キャップ、マスキングテープなどを揃えれば、DIYでできる工事です。

ただし、一つ間違えると動作しなくなってしまい、交換用に手に入れたリモコンが故障する原因にもなるリスクがあります。安全策として、業者に依頼しておいたほうがせっかく手に入れたリモコンを無駄にしなくて済むでしょう。

基本的に素人が自分で直せる内容は、接触不良等のみになっているので、下記状況を確認し修理依頼等をするようにしましょう。

故障状況の推測

①コンピューターの誤作動・・・電源を完全に切断し、少し間を空けてから再び通電する事で復帰する可能性があります。

②配線の接触不良・・・配線の接続部分の確認を行い、自分で修理出来そうであれば行う。

③台所リモコン基板の故障・・・修理依頼

④メイン基板の故障・・・修理依頼

⑤電源の故障・・・修理依頼

 

まとめ

給湯器のリモコンが故障してしまったときには、メーカーに問い合わせると本体ごと交換するという対応策を提示されるのが一般的です。

しかし、リモコンさえ手に入れる事ができれば、リモコンだけ交換して動作するようにできるでしょう。交換を行ってくれる業者もあるので、メーカー在庫か業者の在庫があれば速やかに対応してもらえます。

ただ、リモコンが故障するような状況になると、本体の劣化も進んでいることが推察されるため、せっかくリモコンを交換しても本体が故障してしまう可能性は否定できません。

給湯器の寿命は一般的に10年と言われていますので、10年前後使用していると言う場合にはリモコンだけでなく、本体も交換するという選択肢も考慮してみましょう。

思い切って買い替えてしまったほうが、長い目で見ると費用をかけずに済む可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

給湯ブログ一覧

静岡県内の給湯器交換修理対応

給湯器の修理、設置対応エリア

静岡県で起きたガス給湯器の交換、取替、設置・取付工事や故障修理、ハロー給湯なら年中無休で対応いたします!ガス給湯器のトラブルは0120-86-1152(ハローいい工事)までお電話下さい

湖西の給湯器交換 浜松の給湯器修理 磐田の給湯器トラブル 袋井の給湯器交換 森町の給湯器修理
掛川の給湯器トラブル 川根本町の給湯器交換 島田の給湯器修理 菊川の給湯器トラブル 御前崎の給湯器交換
牧之原の給湯器修理 静岡の給湯器トラブル 藤枝の給湯器交換 焼津の給湯器修理 吉田町の給湯器トラブル
富士宮の給湯器交換 富士の給湯器修理 沼津の給湯器トラブル 長泉の給湯器交換 清水の給湯器修理
三島の給湯器トラブル
湖西の給湯施工事例 浜松の給湯器施工事例 磐田の給湯器施工事例 袋井の給湯器施工事例 森町の給湯器施工事例
掛川の給湯器施工事例 川根本町の給湯器施工事例 島田の給湯器施工事例 菊川の給湯器施工事例 御前崎の給湯器施工事例
牧之原の給湯器施工事例 静岡の給湯器施工事例 藤枝の給湯器施工事例 焼津の給湯器施工事例 吉田町の給湯器施工事例
富士宮の給湯器施工事例 富士の給湯器施工事例 沼津の給湯器施工事例 長泉の給湯器施工事例 清水の給湯器施工事例
三島の給湯器施工事例
浜松・掛川・焼津の激安給湯器の修理・設置・トラブルのハロー給湯

Copyright © ハロー給湯.All Rights Reserved.